プロフィール

森田 泰暢(Morita Yasunobu)

1980年生まれ(兵庫県尼崎市出身)

福岡大学 商学部 准教授

農学修士、経済学博士


関心領域はサービスデザイン(UXD,HCD含む)とそれに係る人材育成、産学連携教育、組織間連携(組織間学習や境界)、実践共同体、ゲーム開発マネジメントです。企業と連携した商品開発プロジェクトや組織や集団のリサーチ活動も行っています。

・京都大学高等教育研究開発推進センター第5期MOSTフェロー(2017年3月修了)

・人間中心設計専門家資格取得(2017年3月)

連絡先:ymorita〔アットマーク〕fukuoka-u.ac.jp

学歴・職歴・所属学会などなど

【学歴】

1999年 甲陽学院高等学校 卒業
2003年 京都大学農学部生物機能科学科 卒業
2005年 京都大学大学院農学研究科食品生物科学専攻修士課程 修了(農産製造学研究室:指導教員 安達修二教授)
『Entrapment of lactic acid bacteria into inner water phase of W/O/W emulsion』
2011年 名古屋市立大学大学院経済学研究科経営学専攻博士後期課程 修了(指導教員 河合篤男教授)
『商品アイデア創造に関わる個人特性と組織特性の機能的関係』


【職歴】

2005年~2009年 株式会社インテリジェンス(中部支社にてキャリアコンサルタント)
2011年~2014年 清泉女学院短期大学 国際コミュニケーション科(講師 経営学を担当)
2014年~2017年  九州産業大学 経済学部 経済学科(准教授 実践企画演習(産官学連携のPBL)を担当)
2017年~現在  福岡大学 商学部 経営学科(准教授 経営組織論を担当)


【所属学会】

商品開発・管理学会(理事)
組織学会
日本マーケティング学会
産学連携学会
九州経済学会
ヒューマンインタフェース学会


【非常勤講師】

2010年 日本福祉大学 経済学部「情報基礎演習」
2011年~2016年 くらしき作陽大学 食文化学部「フードマーケティング」
2013年 愛知学院大学 経営学部「企業経営特論C」